足ツボ(つぼ)マッサージ・足裏マッサージ・出張専門・東京・埼玉・神奈川・足ツボ専門・若石式

一楽へようこそ 03-3787-2683 東京都品川区荏原4-5-9

一楽足ツボ出張専門




一楽概要

一楽ブログ

手技会会員専用


80代


70代

厚生労働省の「健康日本21」国民健康づくり

東京都健康づくり
東京都健康づくり応援団

ストップ地球温暖化
「ストップ地球温暖化」
チーム・マイナス6%に参加しています











足ツボ・一楽足ツボ療法院


(キーワード:睡眠・運動など生活習慣の改善)

正しく生活習慣 ラジオ体操

日本人の3〜4人に1人(約3000万人)が「頭痛持ち」である。そのうち2200万人が緊張性頭痛、840万人が片頭痛、1万人が群発頭痛と言われています。クモ膜下出血・脳腫瘍による頭痛は、毎年3万人に発生します。
日常生活に支障ある頭痛を、世界中で最低40%の人が経験したことがあります。
男性よりも女性のほうが頭痛の症状を訴えることが多く、筋緊張性頭痛の6割、片頭痛の8割が女性であります。
女性が訴えることが多い頭痛の1つに生理時に伴うものがありますが、これは生理中に女性ホルモンのエストロゲンが血中から減少し、それがセロトニンに何等かの影響を与えて片頭痛を引き起こしやすくなるからではないかとも考えられています。


なんらかの病気が原因となって起きる頭痛です。なかには脳腫瘍、くも膜下出血や脳梗塞などの脳血管障害などの病気によって起こるものもあります。命にかかわることもありますので、このようなような頭痛の場合はすぐに医療機関を受診することが必要です。慢性頭痛を持っている人は「いつもの頭痛」と思って我慢してしまいがちなので注意しましょう。



@緊張性頭痛
ストレスや肩こりなど原因の主因で、主に後頭部にどんよりとした頭の重い感じや痛みがだらだらと続きます。
A偏頭痛(片頭痛)
特定の部位(側頭から前頭にかける部位が多い)が発作的に痛くなる頭痛。刺すような痛みが続き、数時間で収まる事が多いです。
月数回ぐらいの頻度で繰り返します。
B群発頭痛
目の付近がとてつもなく痛くなる頭痛。ある時期に集中して繰り返し発生するため群発性と言われます。1年に1回、1日1〜数回短いサイクルを繰り返す事が多いです。
Cその他の頭痛
風邪などが原因であったり、脳内出血、脳梗塞などを起こしていたり(病院へ行くこと)、冷たいモノを食べたときに起きたりなど、いろいろです。又、二日酔いの症状としても。



基本的に頭痛の治療は薬物などによる対症療法が行われることが多いですが、薬物を長期に渡って常用すると体が薬に慣れてしまって効きにくくなったり、「薬の効果が切れる → 薬を飲む」という悪循環に陥って「薬剤誘発性頭痛」と言われる症状が起こることがあます。また、頭痛治療薬服用中にアルコール飲料を飲むことは、胃をあらす原因になったり、薬剤によっては体内で毒性の高い物質に変化するなどの弊害を起こすことがあります。脳の疾患がある場合はその原因を取り除く治療も行われます。また、頭痛を引き起こす原因が生活習慣に存在する場合は、それを改善し取り除くことも推奨されます。生活習慣の改善を行っても症状が緩和しないなどの場合は素人判断せず、脳外科などの専門医で相談する方が望ましいです。
緊張型頭痛

長時間座りっぱなしのことが多い人は小まめに気分転換をはかり、背筋を伸ばすなど適宜筋肉をほぐすようにすること。ぬるめのお風呂にゆっくり入ったり、首や肩をマッサージすること。ウォーキングやストレッチなどの軽い運動を行うようにすること。
片頭痛
過労やストレスを溜めないよう、こまめに気分転換をはかります。睡眠不足・睡眠のとり過ぎも片頭痛が起こりやすくなる要因となるので、規則正しい生活を心がけます。頭部への直射日光を避けるように。片頭痛の場合、安静にして痛むところを指で軽くおさえたり、冷やしたりすると痛みを緩和できる場合があります。まれに、コーヒーなどのカフェイン飲料が効くこともあます。
ビタミンB2やマグネシウムを多く含む食品を摂取すると良いという説や、ハーブ療法では西洋フキ(バターバー)やナツシロギク(フィーバーフュー)などが知られています。
群発性頭痛
頭痛が発生している時の飲酒は避けます。また、多量の飲酒も避けます。頭痛が起こりそうな時、深呼吸をすると予防できることがあます。
二日酔いの頭痛
大量の飲酒を避けること。蒸留酒でアルコール度数の高いものは水などで薄めて飲むこと。短時間で一気に飲むより、ゆっくりと時間をかけて飲むこと。飲酒時にはアルコールの吸収速度を遅らせるため、適宜食べ物もいっしょに摂取すること。入浴はアルコールの代謝が逆に遅くなます。
食事療法:
トリプトファンを含む食品:
小麦胚芽、しらす干し、大豆製品、タラコ、ごま、かつお、卵黄、牛乳・乳製品
ビタミンB2を含む食品:
豚肉、レバー、緑色野菜、牛乳・乳製品、魚、卵、うなぎ、焼きのり、大豆、ゴマ
フリーラジカルスカベンジャーを含む食
ビタミンA: にんじん、ほうれんそう、パター、チーズ、牛乳、卵黄
ビタミンC: いちご、じゃがいも、緑茶 みかん、緑黄色野菜
ビタミンE: 大豆、うなぎ、シジミ、落花生


現在、足揉みから頭痛を改善したという例が沢山あります。というのはどこか詰まっているから痛みが症状として出ています(足ツボとは参考して下さい。)。上のように頭痛が色々な原因からきます。足揉み体の全て状態が分かります。特に片頭痛の場合に効果的です。

足ツボ・一楽 足ツボ・一楽

静脈瘤と足ツボ 認知症と足ツボ 高血圧と足ツボ 花粉症と足ツボ
不眠症と足ツボ メタボと足ツボ 頭痛と足ツボ 緑内障と足ツボ

ホーム 足ツボ臨床研究 足ツボって? お客様の声 予約&料金 一楽手技会
企業様へ 一楽スタッフ 一楽概要


Copyright (C)2007足ツボ(つぼ)マッサージ専門店 一楽療法院 All rights reserved