足ツボ(つぼ)マッサージ・足裏マッサージ・出張専門・東京・埼玉・神奈川・足ツボ専門・若石式

足ツボ/一楽足ツボ療法院 03-3787-2683 東京都品川区荏原4-5-9

一楽足ツボ出張専門




一楽概要

一楽ブログ

手技会会員専用


80代


70代

厚生労働省の「健康日本21」国民健康づくり

東京都健康づくり
東京都健康づくり応援団

ストップ地球温暖化
「ストップ地球温暖化」
チーム・マイナス6%に参加しています










足ツボ・一楽足ツボ療法院


(キーワード:正しい生活習慣)

正しく生活習慣 ラジオ体操

日本では、以前は40歳以上の人の30人に1人が罹患していると言われていましたが(1988年、1989年)、2000年の疫学調査からは40歳以上の17人に1人、2003年の疫学調査からは40歳以上の20人に1人が罹患しているという結果が報告されています(日本緑内障学会 2000年、2004年)。有病率は年齢とともに上昇し40歳代では2%であるが70歳代になると10%を越えます(2004年)。日本国内で治療中の患者は約30万人います(厚生省患者調査2002年)。潜在患者数は400万人とも言われています(2000年)。
基本的には一度喪失した視野は回復することがないため、失明の原因となます。放っておいたら大変なことになります。


お客様の生の声

Fさん 76代 女性 血液検査結果  PDF
施術期間4年。C型肝炎のため疲れやすく、肝臓が弱いため緑内障もあります。時に目の血管が切れたりします。現在眼圧も安定し、目の血管も切れにくくなりました。先日血液検査GOT、GPT、rGTPの数値が60台から30台まで下がり、尿酸も下がり、血小板、白血球もアップしました。現在娘さん、お孫さんと毎週1回施術を受けていらっしゃいます。


緑内障(りょくないしょう、英glaucoma)は、目の病気の一種です。「青底翳」(あおそこひ)とも呼ばれていました。特徴的な視神経の変化と特徴的な視野異常(視野欠損)を呈する進行性の病気です。かつては眼の中の圧力である眼圧が高いことが原因と考えられていましたが、眼圧が正常範囲であっても緑内障に罹患している患者が多いことが確認され、視神経乳頭の脆弱性が緑内障の原因として考えられています。しかし眼圧は緑内障進行の最大のリスクファクターであり、緑内障治療の基本は眼圧を下げることで視野障害の進行を停めるという方法をとります。眼圧を30%低下させることにより正常眼圧緑内障において80%の患者において視野障害の進行が停止したという報告があます。日本では、最近になって糖尿病網膜症を抜いて1番目の失明の原因となっています。視野狭窄は自覚されないうちに末期症状に至ることも多く、発見には定期的な健康診断が必須であます。
眼圧の正常値は15mmHg・正常範囲は20mmHg以下
緑内障の定義は「視神経変化・特徴的視野変化を有し、眼圧下降により進行を防止できる病気」であます。何らかの原因により視神経乳頭内の篩状板が変形し、その中を通過する視神経線維が物理的に圧迫されると逆行性軸索輸送による神経栄養因子の輸送が阻害されて神経節細胞が死滅します。視神経線維の脱落にともないその部分に該当する網膜の感度低下から視野欠損が起こり、病気の進行にともない視神経乳頭の変形と視野異常が進行します。
視神経乳頭が変形・陥没していく原因はいまだ明らかではないが、眼圧の物理的圧迫によるという眼圧説や、正常眼圧緑内障患者に片頭痛やレイノー現象が多いことから視神経乳頭部の血流異常が関与しているという血流説、緑内障を引き起こす遺伝子異常がいくつか報告されていることから視神経の脆弱性が緑内障の発症に関わっているという説などが提唱されています。その他にも、自己免疫疾患の関与アルツハイマー病パーキンソン病などの神経変性疾患との関与、ヘリコバクターピロリ感染と緑内障の関与なども報告されています。




緑内障は、視野が欠損したり、視力が低下しますが、タイプによりそのスピードは異なり、徐々に進む症状と急速に悪化する症状がある。
一般的に緑内障は、自覚症状がほとんどなく、知らないうちに病気が進行していることが多いようです。緑内障は、早期発見・早期治療が大切なのですが、初期段階では、自覚症状があまりないために、症状が進行してしまってから受診する方が多いようです。
緑内障の場合、視神経の障害はゆっくりと起こり、視野も少しずつ狭くなっていくため、眼に異常を感じることはありません。
急性の緑内障では、急激に眼圧が上昇し、目の痛みや頭痛、吐き気など激しい症状をおこします。




一、良い睡眠を
二、ストレスを溜めないように
三、過労しないこと
四、部屋を明るくする
五、飲食注意
「利尿作用のある食べ物を・植物繊維の多いものを(便秘防止)」
六、運動をよくする
七、定期的に目の検査


過労しないこと 便秘しないよう 運動すること


現在、足揉みしている緑内障の方は4人です。お客様の協力で三年にかけて結果をみてきました。足揉みを受ける前の眼圧は25〜28mmHgなんです(病院で治療しています)。現在4人のお客様の眼圧全て16〜20mmHgに安定してました(もちろん病院からの点眼薬を使いながら)。足揉みを通じて薬のいい部分が倍に増えたということです。逆に体に害があるものを早く腎臓を通して体外へ排出することできます。
年齢 性別 病歴
76歳 女性 C型肝炎を持ち(肝臓病からの合併症)
85歳 女性 結核で腎臓からの影響
70歳 女性 C型肝炎を持ち(肝臓病からの合併症)
63歳 女性 糖尿病からの合併症

足ツボ・一楽 足ツボ・一楽

静脈瘤と足ツボ 認知症と足ツボ 高血圧と足ツボ 花粉症と足ツボ
不眠症と足ツボ メタボと足ツボ 頭痛と足ツボ 緑内障と足ツボ

ホーム 足ツボ臨床研究 足ツボって? お客様の声 予約&料金 一楽手技会
企業様へ 一楽スタッフ 一楽概要


Copyright (C)2007足ツボ(つぼ)マッサージ専門店 一楽療法院 All rights reserved