足ツボ(つぼ)マッサージ・足裏マッサージ・出張専門・東京・埼玉・神奈川・足ツボ専門・若石式

一楽へようこそ 03-3787-2683 東京都品川区荏原4-5-9

一楽足ツボ出張専門




一楽概要

一楽ブログ

手技会会員専用


80代


70代

厚生労働省の「健康日本21」国民健康づくり

東京都健康づくり
東京都健康づくり応援団

ストップ地球温暖化
「ストップ地球温暖化」
チーム・マイナス6%に参加しています










足ツボ・一楽足ツボ療法院


(キーワード:食事・運動)

ヘルシー食事を よく運動を

日本人の三大死因である癌、心臓病、脳卒中のうち、心臓病と脳卒中を合わせた循環器病を引き起こす原因は「動脈硬化」です。「動脈硬化」の危険因子といえばコレステロールが有名ですが、最近の研究では、肥満(特に内臓のまわりに付着した脂肪)がさまざまな生活習慣病を引き起こし、より「動脈硬化」になりやすいことがわかってきました。そのキーワードとなるのがこの『メタボリックシンドローム』です。
メタボリックシンドロームは内臓脂肪型を水面下の大きな氷とした一つの氷山から水面上に高血糖、高血圧、脂質異常のそれぞれの山が出ているようなもの!氷山全体を小さくすることが肝心です。
自覚症状に乏しいのが生活習慣病の特徴であり、その治療は「自覚症状の緩和」ではなく、この病態を長期間・慢性的に持続させた結果として生じてくる「合併症予防」に目標がおかれます。メタボリックシンドローム(代謝症候群)の場合、動脈硬化の発生・進展防止が治療目標となり、そのための脂肪蓄積の進行防止・解消を目的に食事療法による摂取カロリーの適正化と、脂肪燃焼を促す目的での運動療法が基本となります。
平成16年の国民健康・栄養調査によると、メタボリックシンドロームが強く疑われる人と予備群と考えられる人を合わせた割合は、男女とも40歳以上で高く、特に中高年の男性で高くなっています。40〜74歳で見ると、メタボリックシンドロームが強く疑われる人は約940万人、メタボリックシンドローム予備群と考えられる人(内臓脂肪型肥満に加え、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか1つが該当する人)は約1,020万人で、あわせて約1,960万人と推計されています。40〜74歳の男性の2人に1人女性の5人に1人が、メタボリックシンドロームが強く疑われるか予備群と考えられています。


メタボリックシンドローム(英 metabolic syndrome、代謝症候群、単にメタボとも)とは、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態をいいます。内臓脂肪が過剰にたまっていると、糖尿病や高血圧症、高脂血症といった生活習慣病を併発しやすくなってしまうのです。しかも、「血糖値がちょっと高め」「血圧がちょっと高め」といった、まだ病気とは診断されない予備群でも、併発することで、動脈硬化が急速に進行します。





BMIの計算式
(例)身長165cmで、体重67kgの人BMIは
「67÷1.65÷1.65=24.61」この人のBMIは24.61となります。
BMI値18.5〜24,9が正常で、25以上を“肥満”、18.5未満を“やせ”と判定します。この計算式を利用して、標準体重を求めることもできます。



◆対策@→食事のバランス
食べ過ぎや欠食などの乱れた食生活は、内臓脂肪をためる原因になります。これを防ぐためには、食生活の改善が欠かせません。バランスのとれた適切な量の食事を心掛けるとともに、食事をする時間や食べ方などにも注意し、1日3食規則正しく食べましょう。食物繊維の多い野菜やきのこなどを先に食べましょう。満腹感を早く感じることができるため、食べすぎ予防になります。
ただし、野菜やきのこばかりでお腹を満たして、他のものを食べないというのはよくありません。食事は、バランスが大切です。野菜やきのこの後は、主食のご飯やパンはもちろん、魚や肉などのたんぱく質もしっかりと摂りましょう。
バランスの良い食生活を実践するための目安として「食事バランスガイド」が示されています。
画面をクリックして下さい

◆対策A→運動
メタボリックシンドロームの主な原因は、「腸のまわり、または腹腔内の内臓脂肪蓄積」です。内臓脂肪は皮下脂肪に比べて蓄積されやすく、エネルギーを消費することで解消されやすいという特徴があります。このことから、体を動かして内臓脂肪を使ってしまうことがメタボリックシンドロームを解消する良い方法と言えます。
日頃から体を動かす習慣を身につけておくことが大切です。活発な身体活動を行うと、消費エネルギーが増えたり、身体機能が活性化したりすることにより、血糖や脂質がたくさん消費されるようになり、内臓脂肪が減少しやすくなります。その結果、血糖値や脂質異常、高血圧が改善されて生活習慣病の予防につながります
※更に詳しく知りたい方は厚生労働省健康局へ



メタボリックシンドロームを改善するために食事+運動必要になりますが、+足揉みですと、血流の流れがよくなり内臓脂肪などを更に燃やせます新陳代謝もより加速され、より良い結果が期待できます。足揉み後に血流の流れが良くなる事は、赤外線の写真からもお分かりいただけます。
現在、一楽は多くのお客様と一緒に、お客様の体質改善に取り組んでおります。
例えば:
薬を飲んでも血糖値下がらない時、施術翌日、嘘のように血糖値が下がりました
お客様からよく喜びのご報告を受けております。
一楽では、去年6月から半年かけて10人のお客様のご協力を得て施術後の体脂肪値の変化を取りました。結果として、足揉み後の1時間後に皆様の体脂肪値が5%〜20%下がりました。
+運動をすれば体脂肪が更に下がった事が分かりました。(10%〜20%)

※詳しくはここをクリックしてください。

足ツボ・一楽 足ツボ・一楽

静脈瘤と足ツボ 認知症と足ツボ 高血圧と足ツボ 花粉症と足ツボ
不眠症と足ツボ メタボと足ツボ 頭痛と足ツボ 緑内障と足ツボ

ホーム 足ツボ臨床研究 足ツボって? お客様の声 予約&料金 一楽手技会
企業様へ 一楽スタッフ 一楽概要


Copyright (C)2007足ツボ(つぼ)マッサージ専門店 一楽療法院 All rights reserved