足ツボ(つぼ)マッサージ・足裏マッサージ・出張専門・東京・埼玉・神奈川・足ツボ専門・若石式

一楽へようこそ 03-3787-2683 東京都品川区荏原4-5-9

一楽足ツボ出張専門



一楽概要

一楽ブログ

手技会会員専用


80代


70代

厚生労働省の「健康日本21」国民健康づくり

東京都健康づくり
東京都健康づくり応援団

ストップ地球温暖化
「ストップ地球温暖化」
チーム・マイナス6%に参加しています










足ツボ・一楽足ツボ療法院

花粉症

(キーワード:体質改善を)

目がかゆい 鼻水

日本では、スギ林の面積は全国の森林の18%、国土の12%を占めています。このためか花粉症の患者さんの約70%はスギ花粉が原因です。森林面積に対する比率では九州、東北、四国で高くなっています。北海道にはスギ花粉飛散は極めて少なく、沖縄にはスギが全く生息しません。関東・東海地方ではスギ花粉症患者が多く見られます。
日本アレルギー協会会長の奥田稔が行なった住民台帳を基準にした疫学調査は1万人を対象とした今までにない大規模なものでした。回収率も56%と全国規模のアンケート調査としては良好でした。その調査によると全国平均では15,6%で地域別の有病率では東北13.7%、北関東21.0%、南関東23.6%、東海28.7%、北陸17.4%、甲信越19.1%、近畿17.4%、四国16.9%、中国16.4%、九州12.8%で北海道、沖縄はごく少ない有病率で、地域の花粉の飛散数と花粉症有病率が相関関係にあることが分かります。(2005年版鼻アレルギー診療ガイドラインより)
スギ花粉症の有病者はハウスダスト・ダニアレルギーを合併しているものも含めると母集団では377名(39.3%)、平均12.17歳である子供たちの集団では167名(16.1%)とやはり成人での有病率が高くなりました。しかし、それぞれの集団で15歳までの発症率を見ると母集団では5.3%に対し、その子供たちの集団では9.7%と約2倍に上昇し、花粉症の低年齢化を示していました。花粉症の有病率は刻々と変化をしていますが、現在の状況では極端に減少することは考えられません。


ご自分でできるセルフケアとしては外出時にマスク、めがねをして、原因の花粉を少しでも体の中に入れないようにする努力が必要です。花粉症用のマスクでは花粉が約1/6、花粉症用のめがねでは1/4程度に減少することが分かっています。
鼻粘膜の状態を良くするように、悪化の因子であるストレス、睡眠不足、喫煙、飲みすぎなどを抑えることが必要です。軽い運動などは花粉防御をしたうえで推奨されると思われます。

リラックス マスク 運動


千葉大学大学院医学研究院によるデータです。
残念ですが、足揉みについてのデータが含めていません・・・
健康食品

霊芝(抗アレルギー作用),甜茶(化学伝達物資遊離抑制),シソ(TNFα抑制)
羅漢果(活性酵素抑制),南瓜種(IgE産生抑制),アマランス(抗ヒスタミン作用)
紅花,パパイアエキス,クロレラ,花粉食,ニンジン紅茶,シジュウム茶
スギの葉エキス,花粉すっきりグミ,優喉茶,ヘテロフィラ,天然にがり
アロマテラピー,エゾウコギ,リノレン酸摂取,リノール酸摂取制限
うずらの卵のホモゲナイズ,天然ミネラルエキス

一般食品

ジャガイモ(ビタミンC)・ネギ・ニンニク・ニラ・ショウガ・ウド・フキ・シナモン
(身体を温め冷えに強くなり、花粉症発作に効果),
ピーナッツ・干し柿・ゴマ・ユリ根(鼻閉による乾燥症状に効果)
クズ・ゴボウ・ハッカ・キクの花・ミョウガ・スイカ・ナシ・柿(急性副鼻腔炎の合併に効果)
山芋・ウコギ・ドジョウ・エビ(花粉症発作のだるさに効果)
わかめ,大根おろし,カフェイン

民間療法の内容

漢方薬
136名 、シジュウム茶9名 、甜茶104名、 灸9名
鼻スチーム療法
67名、ツボ7名、 鼻内洗浄33名、情報水7名
クロレラ
32名、シジュウム入浴剤7名、ハリ19名、波動水4名
花粉グミ
17名スギの葉エキス2名、シソジュース13名、プロポリス2名
サルノコシカケ
12名、シソの実油2名

その他

アロエエキス,シソエキス,シソ飴,シソの葉,青汁,甜茶,ガム花粉症スッキリ飴
ラブレ菌,竹炭入浴,ミントガム,ギムネマ茶,ルイボス茶,ハーブ茶,ドクダミ茶
野草茶,ニンジンジュース,きな粉牛乳,ウコン など

民間療法内容 効果有 効果無 不明
漢方 50% 30% 15%
甜茶 14% 51% 35%
鼻スチーム療法 46% 44% 10%
鼻洗浄療法 46% 50% 0%
クロレラ 8% 44% 48%
44% 44 11%
花粉グミ 29% 64% 7%
シジュウム 40% 40% 20%



現在、足揉みから花粉症にどれぐらい効果があるかまだ正式なデータがありません。花粉症を完全に治るために先ず体質改善から始まると思います。足揉みは体質改善として一番いいと思います。
一楽の経験として参考して下さい。
6人からの協力でした。
@心臓手術後に花粉の薬を飲めないために足揉みを始めました。(男性:52歳)
A妊娠したために薬を飲めないので足揉みを始めました。(女性:28歳・30歳)
B薬を頼りたくないために足揉みを始めました。(男性:56歳)
C薬を飲んでも症状が変わらずために足揉みを始めました。(女性:22歳・男性32歳)
現在、まだ薬を飲んでなくても平気です。(外にでる時にはマスクをしています)
花粉季節に入ったら足揉みをすると花粉による症状がかなり軽くなります。できましたら花粉季節に入る前の三ヵ月から始まるほうがお勧めます。

足ツボ・一楽 足ツボ・一楽

静脈瘤と足ツボ 認知症と足ツボ 高血圧と足ツボ 花粉症と足ツボ
不眠症と足ツボ メタボと足ツボ 頭痛と足ツボ 緑内障と足ツボ

ホーム 足ツボ臨床研究 足ツボって? お客様の声 予約&料金 一楽手技会
企業様へ 一楽スタッフ 一楽概要


Copyright (C)2007足ツボ(つぼ)マッサージ専門店 一楽療法院 All rights reserved